ラグビーの強豪大学と長崎県出身選手らでつくるチームが対戦する恒例の「長崎招待ラグビー」が4月21日、長崎市柿泊町の市総合運動公園陸上競技場で開かれる。43回目となる今年は、全国大学選手権で昨年9連覇を成し遂げた帝京大学を招く。

 明治、早稲田、同志社など主に関東・関西の強豪大学を招待し、1977年から毎年開催している。帝京大は2015年に続き2回目。対戦する「長崎ドリームチーム」は、三菱重工長崎を中心に、県外の大学や社会人チームで活躍する県出身選手らで編成する。

 試合開始は午後2時10分。長崎県高校選抜チームと全国高校ラグビーで優勝6度の東福岡高校の試合(午後0時50分~)、長崎県中学選抜チームと熊本県中学選抜チームの試合(午前11時55分~)もある。