プロバスケットボールBリーグ1部(B1)で、新潟アルビレックスBB(中地区1位)は27日の川崎ブレイブサンダース(同2位)に勝つか、負けても他チームの結果次第で初のチャンピオンシップ(CS)出場が決まる。

 B1王者を決めるCSは東西中の3地区の1、2位の計6チームと、それ以外の中で勝率が高い2チームがワイルドカード(WC)で出場する。35勝14敗のアルビBBは27日に勝つとWCは確定。負けても、WCが関係するシーホース三河(中地区4位)と名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(西地区3位)がともに敗れるとCS進出が決まる。名古屋Dが残り試合10試合を全勝すると35勝で勝率が並ぶ可能性が残るが、今季の対戦はアルビBBの2戦全勝で終わっているため、規定によってアルビBBが上位となる。

 27日の川崎戦はホームのアオーレ長岡で午後7時5分から行われる。中地区優勝を争う2位チームとの直接対決で、今季はアルビBBの1勝2敗。