ノルディックスキー男子ジャンプのワールドカップ(W杯)で日本選手初の総合優勝を果たした小林陵侑(りょうゆう、22)=土屋ホーム=が26日、欧州から羽田空港に帰国し、総合王者に贈られるクリスタルトロフィーを報道陣に披露した。

 今季のW杯は、2戦目に初勝利すると、シーズン合計で歴代2位の13勝を挙げた。表彰台は21回を数え、「最初から最後までトップで戦えるとは思っていなかった。出来過ぎたシーズン」と振り返ったが、自己採点は「90点」。世界選手権で個人メダルを逃したことから減点したという。

 来季に向け、「どの国もレベルアップしてくるので進化し続けたい」と語った。