フィギュアスケートの世界選手権は24日、さいたまスーパーアリーナでエキシビションがあり、男子総合2位の羽生結弦(ANA)や女子総合4位の紀平梨花(関大ク)らが会場を埋めた観客を魅了した。

 羽生はピンク色の衣装に身を包み、「春よ、来い」のピアノ曲に乗って、優雅に舞った。来季のクワッドアクセル(4回転半)ジャンプ挑戦について、「けがをするリスクを考えないといけないので、ちょっと明言は難しいです。ただ、やる気ではいます」と語った。男子総合4位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は「練習で失敗を全くしないほどの確率を身につけたい」と話した。

 紀平は来季の4回転ジャンプ習得だけでなく、「シーズンオフにもやりたいことが色々ある」と意欲を見せた。女子総合5位の坂本花織(シスメックス)、同6位の宮原知子(関大)もエキシビションで華麗に舞い、喝采を浴びた。