エディオンアリーナ大阪で開催中の大相撲春場所7日目の16日、元横綱稀勢の里の荒磯親方がNHKの中継で初めて解説を務めた。「いつも思っていたことを言うようにした」。先場所まで土俵でしのぎを削った力士たちの長所や自身が得意とした左おっつけのコツを身ぶりを交えて丁寧に説明した。上々のデビューに見えたが、「緊張しちゃった。全然ダメ」と自己評価は厳しめ。「もっと自然体で頑張ります」と次回を見据えた。