天理大学柔道部OBでリオデジャネイロ五輪柔道男子金メダリストの大野将平選手(27)の稽古が14日、奈良県天理市の天理大で報道陣に公開された。大野選手は母校の畳で大学生らとともに汗を流した。

 この日は関西学生柔道連盟が開く強化合宿の4日目。午前9時から始まった稽古には、全国から集まった大学生のほか、全日本柔道連盟指定の強化選手など約400人が参加した。

 自分より大柄な選手とも組み、次々と激しい乱取りをした大野選手。4月6、7日に福岡市博多区で開かれる「全日本選抜柔道体重別選手権大会」に出場する。「若くて勢いのある選手たちと稽古できた。大会では自分の精神的な成長を試したい」と話した。(照井琢見)