ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は10日、ノルウェー・オスロで個人第23戦が行われ、小林陵侑(りょうゆう)(22)=土屋ホーム=が5戦を残してW杯個人総合優勝を決めた。1979~80年シーズンに始まった男子W杯で本場の欧州勢以外で初の快挙。これまでの日本勢の最高成績は97~98年の船木和喜(43)=フィット=の2位だった。

 小林陵は岩手県八幡平市出身で、昨年2月の平昌(ピョンチャン)五輪代表。今季のW杯は、ジャンプ週間で4戦全勝優勝を果たすなど11勝。日本男子のシーズン最多勝利記録を更新していた。

 W杯の個人総合成績は30位までに与えられる得点の合計で争う。1位100点、2位80点、30位1点などと順位ごとに得点が決まっている。(オスロ=稲垣康介)