「同じ目標に向かって、一緒に頑張ってきた」

21年ぶりに自力でのW杯出場を決めたバスケットボール日本代表"AKATSUKI FIVE"。その主力選手として活躍する田中大貴が、現役大学アスリートたちに伝えたい思いとは。大学生活は「一番自分の好きなことに時間を費やせる時期」。だからこそ大切にしてほしいものについて、語ってくれた。

田中大貴(たなか・だいき)長崎県生まれ。東海大学を経て、2014年2月にNBL(当時)のトヨタ自動車アルバルク東京に入団。ルーキーシーズンには新人王に輝く。Bリーグ1年目には年間ベストファイブに選出され、わずか2年目でチームを2代目王者に導き、個人としてはMVPも獲得した。現在Bリーグを代表するプレイヤーであり、8月31日から開幕するW杯では「番狂わせを起こしたい」と、闘志を燃やしている。