イスラム教徒の女性が髪の毛を隠すために使うヒジャブをかぶって国際大会に参加しているフィギュアスケート選手、ザーラ・ラリ(24)=アラブ首長国連邦(UAE)=が2日、ロシア・クラスノヤルスクで開幕した冬季ユニバーシアードで旗手を務めた。中東UAEの選手が冬季ユニバに出場するのは初めてだという。

 ラリは映画「アイス・プリンセス」が好きで、12歳で競技を始めた。UAEにはそれまでに本格的な選手はおらず、常に偏見と戦いながらプレーしてきた。2017年には札幌で開かれたアジア大会に出場。昨年11月にエストニアで開かれた国際大会で自己最高点を出し、8位に入った。

 ラリは開会式後、「私が参加した中で最も大きな大会の一つ。国際大会に参加するのは常に光栄なことだけれど、私にとって冬季ユニバは特別な場所になる」とコメントした。女子ショートプログラムは8日、同フリーは9日にある。