女子バレーボールチーム「ヴィクトリーナ姫路」(Vリーグ2部)は2日、兵庫県姫路市内で1部昇格をかけたプレーオフの初戦で、大野石油広島オイラーズ(広島)を3-0で破り好スタートを切った。優勝すれば1部昇格が決まる。

 2部では、通常ラウンドの上位6チームが、プレーオフで総当たりし、ポイントで順位を決める。優勝すれば1部昇格、2位は1部チームと入れ替え戦になる。今年、2部に初参入した姫路は、通常ラウンドを17勝1敗の首位で終えた。

 姫路はプレーオフ初戦で第1、第2セットを取り、第3セットは中盤から競り合いになったが、元ブラジル代表のスエレ・オリヴェイラ選手や、身長181センチの浅津ゆうこ選手らのアタックやブロックがさえ、振り切った。