2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、両大会旗が各地を巡る「フラッグツアー」の日程が決まり、山梨県が22日発表した。来月3日に県内入りし、29日までに全27市町村で展示される。2グループに分かれて全国を巡回し、山梨は高知とともに最終地点となる。

 来月3日は山中湖村で歓迎イベント。地元の子どもたちが出席し、旗を引き継ぐ。旗を手渡すアンバサダー役は、ロンドン五輪のレスリング金メダリストで富士吉田市出身の米満達弘さんが務める。10日には山梨学院大(甲府市)である「パラスポーツ・アスリートをもっと知ろう! in山梨」でフラッグ紹介セレモニーがある。(平畑玄洋)