2024年パリ五輪の追加競技候補にブレークダンスが挙がったことを受け、日本ダンススポーツ連盟と選手らが22日、東京都内で会見を開き、喜びの感想を語った。

 ブレークダンスは、音楽に合わせてアクロバット的に踊るのが特徴。昨年10月にブエノスアイレスで開かれたユース五輪で初めて実施され、女子の河合来夢(神奈川・百合丘高)が金メダル、男子の半井重幸(大阪学芸高)が銅メダルを獲得した。

 「五輪種目になるとは正直考えていなかった。うれしい」と笑顔の河合。競技としての歴史は浅く、同連盟によると、大会での採点方式なども検討している最中だという。