部員を不正に選手登録したとして、学校から無期限謹慎処分を受けた東福岡高校(福岡市)ボクシング部の前監督について、福岡県ボクシング連盟が2016年、女性に暴力をふるったとして除名処分にしていたことが分かった。前監督はその後も部活動の指導を継続。県連盟は、日本ボクシング連盟から山根明会長(当時)名の文書が届くなどしたため、1年足らずで処分を解除していた。

 県連盟によると、前監督は15年7月、連盟関係者らが同席した福岡市内の飲食店で、女性従業員に覆いかぶさって腹部を数回殴ったという。この日、ジュニアの大会があり、山根前会長は直前の懇親会には参加していた。県連盟は同9月に前監督の理事職を解き、16年3月に除名処分(永久追放)とした。

 学校は前監督から聞き取りをしたが、「酒を飲んでいて覚えていない」との説明を受け、厳重注意にとどめた。県連盟の処分に伴い、16年度はコーチに降格したが、「ほかに経験者がいない」として、指導を継続させていた。

 県連盟には16年5月、日本連盟から前監督を県連盟に戻すよう求める文書が届いた。「承認できなければ強制的な指導を行う」といった要請も複数回あり、山根前会長からの電話もあったという。県連盟は17年1月に処分を解除。学校も同4月に監督に復帰させた。

 日本ボクシング連盟の担当者は取材に、「当時の文書が残っておらず、お答えできない」とコメント。山根前会長は「取材はもういい」と応じなかった。同校の山口健吾副校長は「学校の調査には限界があり、暴行が事実かどうか判断できなかった」と説明した。

 前監督は昨年11月の福岡県高校新人競技大会に、参加資格を満たさない1年生部員6人を不正に選手登録。同校は、大会直後の11月12日付で監督を解任し、無期限謹慎処分にした。(甲斐弘史、木下広大)