バレーボール男子のVリーグ3部(V3)のヴィアティン三重(三重県桑名市)が12勝2敗の好成績で6試合を残して6チーム中暫定1位につけ、初優勝が現実味を帯びてきた。3月2、3日には四日市市でホーム最終2連戦が行われ、選手のボルテージも高まっている。

 2月中旬の夜。四日市市の海星高校の体育館では力強いボールの音が、「ナイス」「もう一本」という声とともに響いていた。選手は他に仕事を持ちながら、週4日の練習に励む。

 総合型スポーツクラブのヴィアティンは、サッカーが日本フットボールリーグ(JFL)に所属しており、男子バレーも全国リーグ参戦2季目を迎える。