12日に白血病を公表した競泳の池江璃花子さん(18)は、祖父が白鳥町(現在の郡上市)出身。その縁で昨年12月、郡上市スポーツアンバサダーに就任した。市は今月から市内のスポーツ施設で池江さんの水着やTシャツの展示を始めたばかりだった。

 鷲見与保(すみともやす)・スポーツ振興課長は「ただただ驚いている。郡上市一丸となってお見舞いの気持ちを伝えたい」。池江さんにお見舞いの気持ちをつづった手紙を出すという。

 日置敏明市長は「市民とともに池江選手のご快癒を心から祈念申し上げるものです。あの明るい笑顔を日本中の応援する皆さんに一日も早く見せてくださることを切に願い、お見舞いと激励を申し上げます」と談話を出した。(山野拓郎)