大阪府阪南市のチェーン製造会社が、自転車競技の米国代表チームとスポンサー契約を結んだ。製品性能の高さにほれ込んだ米側のラブコールで実現。選手の意見をもとに製品開発を進め、2020年の東京五輪でメダル獲得をめざす。

 「大変な名誉です。いいものを作り、東京五輪での好成績に貢献したい」

 阪南市箱作の和泉チエン本社で、東野和之社長(62)は顔をほころばせる。