フィギュアスケートの欧州以外の国・地域で争う四大陸選手権第3日が9日(日本時間10日)、米カリフォルニア州アナハイムのホンダセンターで男子フリーがあり、平昌(ピョンチャン)五輪銀メダルでショートプログラム(SP)4位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が逆転で初優勝を果たした。4回転フリップなど3本の4回転ジャンプを着氷し、ルール改正後に羽生結弦(ANA)が出した190・43点を上回る世界最高の197・36点をマーク。合計289・12点も自己最高得点を更新した。主要国際大会で6戦連続2位だったが、頂点に立った。

 宇野は「自分はできるんだと、何も考えずに滑った。諦めないのは大事だなと思った」と語った。

 SP7位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は2本の4回転サルコーを着氷し、167・61点。合計251・54点で総合7位。SP12位の友野一希(同大)は4回転サルコーの失敗が響き、132・25点。合計206・41点で12位だった。