フィギュアスケートの欧州以外の国・地域で争う四大陸選手権が7日(日本時間8日)、米カリフォルニア州アナハイムのホンダセンターで開幕。女子ショートプログラム(SP)があり、全日本女王の坂本花織(シスメックス)が73・36点で日本勢最高の2位につけた。

 昨年のグランプリ(GP)ファイナルを制した日本の紀平梨花(関大ク)は68・85点で5位発進。2017年の四大陸選手権を制した三原舞依(シスメックス)は65・15点で8位だった。首位はブレイディ・テネル(米)の73・91点。

 女子フリーは8日(同9日)にあり、坂本が最終滑走の22番目、紀平が19番目、三原が16番目に滑る。