ラグビー・トップリーグのパナソニックワイルドナイツが、群馬県太田市から埼玉県熊谷市へ拠点を移す方針を、太田市の清水聖義市長に伝えていたことがわかった。今秋のラグビーワールドカップ日本大会後に移転する予定という。

 同市竜舞町にクラブハウスを併設した天然芝2面の練習拠点があり、前身の三洋電機時代の1997年から使われている。

 市によると、ワイルドナイツを運営するパナソニック企業スポーツセンターの脇坂康生所長ら4人が1日、市役所で清水市長に報告した。同社は「練習場の移転」と説明したが、施設の跡地利用にも言及があり、市はクラブハウスを含めた拠点の移転と受け止めた。清水市長は「会社が決めたことだから仕方ない」と応じ、同社は「地域貢献は何でもやります」と話したという。