2012年ロンドン五輪の柔道女子57キロ級金メダリストで、16年リオデジャネイロ五輪でも銅メダルを獲得した松本薫(31)が、7日に東京都内で引退会見を行う。4日、所属するベネシードが発表した。

 畳の上での気迫あふれる表情から「野獣」の愛称で呼ばれた松本は、リオ五輪後に結婚し、17年6月に第1子の長女を出産した。産後1カ月で稽古を再開し、育児と競技を両立しながら20年東京五輪をめざしていたが、昨年11月の講道館杯全日本体重別選手権で1回戦敗退を喫するなど、代表争いでは厳しい立場になっていた。