「かいじ国体」(1986年)の卓球競技が山梨県大月市で開催されたことを記念する「国体記念小学生卓球大会」が2日、市内の市民総合体育館であった。

 「卓球のまち大月市」をめざして市教育委員会が開いており、今年で38回目。市内全5校から15チーム約100人が参加して、トーナメント方式で団体戦を繰り広げた。

 各チームは4年生以上による男女混合編成で、試合は4人目までは男女が交互に、5人目は男女どちらか1人が対戦する5人制。全員が6年生のチームや4年生が中心というチームもある中で、スタンドに陣取る父母らの声援を受けながら、それぞれの校内で練習を積み重ねた成果を出し合った。

 団体の部の成績は、優勝が鳥沢A、準優勝が猿橋Aだった。(小渕明洋)