2020年東京五輪の自転車ロードレースで山梨県道志、山中湖の両村を通る県内コースの魅力を発信しようと、県がPR動画を作った。県のウェブサイトや動画共有サイト「ユーチューブ」などで公開している。

 動画では、元プロロードレーサーの今中大介さん(甲府市)がコースを実走。道志村の渓谷美と上り坂での選手たちの迫力ある走り、山中湖から望む富士山、「勝敗を分ける」と語る神奈川県境の三国峠での高速ダウンヒルが、見どころに挙げられている。

 「選手を間近で見られ、コースを実走できるのが自転車ロードレースの魅力。みなさんも体験して、思いをはせてほしい」と呼びかけている。