稀勢の里の引退が話題となり、玉鷲の初優勝で幕を閉じた大相撲初場所後の横綱審議委員会(28日)で残念な発言が出た。任期満了で退任する北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)が会見で白鵬、鶴竜の両横綱の途中休場について「大けがをしたようには見えない」などと不満を示した。

 2人とも横綱として満足のいく相撲が取れないと判断したのだろう。ただ、「今、それを言うのか」という気持ちが強い。なぜなら、負傷当初はともかく、横綱最多の8場所連続休場した稀勢の里の時は擁護ばかり。この日も「ファンのためにあれだけ頑張った」とかばったのだから。

 退任に当たり、「実は稀勢の里の時から考えてはいた」なら分かる。だが、応援する力士がいなくなった途端、手のひらを返したように懐疑的になるとは、とても各横綱を公平に見ていると思えない。

 以前の横審と言えば、好角家の集まりで、外国出身の曙が横綱だった際、日本出身の横綱を望む相撲協会が後の貴乃花を推挙した時に「時期尚早」と押し返したこともある。現在の横審が、角界のご意見番の役目を果たせているのか。疑問を感じてしまう。(竹園隆浩)