2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は23日、組織委の主催で行う本番前のテスト大会の名称が「READY(レディ) STEADY(ステディ) TOKYO」に決まったと発表した。レディは「位置について」、ステディはかじ取りの号令で「進路に向かって真っすぐ前進せよ」との意味があり、「東京2020大会の準備ができた。気を引き締めて、成功に向かって進んでいこう」というメッセージを込めたという。