アメリカンフットボールの社会人Xリーグのエレコム神戸ファイニーズで、チアリーダーとして活躍する岡田彩里(あやり)さん(26)=茨木市=が来月渡米し、米プロフットボールリーグ(NFL)の選抜試験に挑む。「本場の夢舞台に立ちたい」と磨いたダンスの技術で勝負する。

 岡田さんは5歳で新体操を始め、6歳から茨木市内の教室でバトントワリングを習った。中学、高校と全国大会で優勝。茨木市が交流する米・ミネアポリス市や中国・安慶市で演技を披露してきた。関西大に進み、応援団バトン・チアリーダー部に入った。

 「応援する選手、チーム、そして観戦するファンやサポーターがいて初めて成立するのがチアリーダー」と岡田さん。学生時代にNFLのチアリーダーとして活躍した日本人の指導者らと出会い、NFLにあこがれた。