大相撲初場所で、好スタートを切った小結御嶽海=長野県上松町出身=に、母校で木曽町の福島中学校(現・木曽町中学校)相撲部OBらが化粧回しを贈る計画を進めている。来月の贈呈を前に完成した化粧回しが、町文化交流センターで展示されている。応援に熱が入るなか、御嶽海は18日の取り組みで負傷。OBからは励ましと、状態を心配する声が聞かれた。

 化粧回しは、相撲部のOBらが発起人となり昨年9月から、1口5千円で寄付を呼びかけた。12月までに約330の個人・企業団体が参加した。後輩の中学生らもアルミ缶を集めたり、募金を呼びかけたりして協力した。

 福岡市の専門業者が手作業で手がけた博多織。色はスクールカラーの青色で中央に校章、校訓が金糸で刺繡(ししゅう)されている。校訓は「彬彬(ひんぴん)」。論語で「内も外も整って本物」という意味で相撲道にも通じる。校章は「頂を目指す強い意志と清らかな心」を表している。