日本一を告げるホイッスルが耳に届いた瞬間。気付くといつの間にか涙が頬を伝っていた。「なんかもう現実か夢かわからなくて、優勝した嬉しさもありましたし、一気に3年間の重みというか、背負…

続きを読む(外部サイトへ)