大相撲の東横綱稀勢の里(32)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が現役引退を決断した。進退をかけた初場所で初日から3連敗し、一夜明けた16日、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が明らかにした。2年前、19年ぶりに誕生した日本出身横綱として期待されたが、けがから復活できないまま土俵を去る。

 不成績が続いた稀勢の里に対しては昨年11月の九州場所後、横綱審議委員会が事実上の最後通告となる「激励」を決議。進退がかかった今場所、初日から3連敗したことで、15日制が定着した1949年夏場所以降の横綱として最悪の9連敗(休場、不戦敗を含む)を記録していた。

 稀勢の里は大関時代の2017年の初場所で初優勝。場所後に、日本出身力士では19年ぶりとなる横綱に昇進した。第72代横綱としてデビューした春場所は、初黒星を喫した13日目に左胸と左腕を大けがをしたが、千秋楽に本割、優勝決定戦で照ノ富士に連勝して逆転で賜杯(しはい)を抱いた。