東京・国技館で行われている大相撲初場所3日目の15日、進退のかかっている横綱稀勢の里が3連敗したことについて、八角理事長(元横綱北勝海)は、「体を動かすのは気持ち。相撲とは、そういうもの」と話した。

 相撲巧者の栃煌山に懐に入られて完敗した相撲には「脇が甘い。当たって、踏み込んでからのことをいろいろ考えていたんだろうが……」と言葉が切れた。

 3連敗で土壇場に追い込まれたことには、コメントをしなかった。

 同じ二所ノ関一門である芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「この状況では本人と師匠(田子ノ浦親方=元幕内隆の鶴)次第だな」と述べ、引退もやむなしとの考えを示した。

 栃煌山に完敗したこの日の一番について、「稀勢の里という横綱の相撲になっていない。自分でも何をやっているか、分からなくなっているかも」と分析。自らが現役を退いた時のことを例に挙げ、「自分は師匠に『土俵で何をやっているか、分かりません』と言った、それが決め手になった」と話した。

 「稽古がどうのこうのではない。横綱として、この相撲ではキツイということ。これだけ連敗すると、横綱としては、どうしようもない。我々協会関係者もファンも『頑張って欲しい』という気持ちで応援してきたが、土俵に上がると結果が出てしまう。今だと、誰が相手でも勝てないように見える」