ラグビーの第55回全国大学選手権決勝が12日、東京・秩父宮ラグビー場であり、明大が天理大を22―17(前半12―5)で下し、22季ぶり13度目の優勝を果たした。天理大は初優勝を逃した。

 先行したのは天理大。前半3分、ゴール前のラインアウトからフッカー島根がトライを決めた。追う明大は7分にWTB山崎、22分にはラインアウトからWTB高橋がトライを決め、12―5と逆転した。

 後半は立ち上がりから明大が主導権を奪った。16分にスクラムで反則を奪い、山沢がPGを成功。21分にはゴール前でラックを連取し、武井のトライで突き放した。天理大も29分に島根がトライを挙げると、35分にはフィフィタのトライで猛追したが、及ばなかった。

■全国大学選手権歴代優勝回数

早大 15〈1〉

明大 13〈2〉

帝京大 9

関東学院大 6

同大 4

慶大 3〈2〉

大東大 3〈1〉

法大 3

日体大 2

※〈〉数字は両校優勝回数