86歳のプロスキーヤー三浦雄一郎さんが南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)をめざし、2019年1月2日、アルゼンチンへと向かう。予定通り進めば、頂に立つのはその約3週間後だ。

 アコンカグアはアンデス山脈にある。富士山の大滑降など、数々のチャレンジを重ねてきた三浦さんは1985年に登頂し、スキーで滑降。7大陸最高峰すべてから滑降する偉業を達成した場所でもある。

 さらに、70、75、80歳では世界最高峰エベレストに登頂。その後の新たな目標として、アコンカグアをすえた。今回はさらに年齢を重ね、持病の不整脈を抱えた中での挑戦だ。

 三浦さんは18年夏から準備をスタート。富士山に登ったり、北海道でスキーをしたりしながら、体調を整えてきた。自らの事務所にある酸素濃度を低くできる「低酸素室」にも入り、高所に対応するためのトレーニングを積んだ。

 12月19日、校長を務めるクラーク記念国際高校の北海道のキャンパスを訪れ、生徒を前に「86歳で果たして頂上に行けるのかと思うが、失敗を恐れずにチャレンジしたい」と語った。

 計画では、三浦さんはアルゼンチンに入国後、徐々に標高を上げ、1月9日にベースキャンプ(約4200メートル)に入る。さらに高度に体を慣らした後にベースキャンプを出て、21日前後の登頂を予定する。山頂近くでスキーをして下山する。帰国は31日を見込む。(金子元希)