第98回全国高校ラグビー大会の2回戦が30日、大阪府東大阪市花園ラグビー場であり、大阪代表3校が登場した。シードの大阪桐蔭(大阪第1)、常翔学園(大阪第3)は、それぞれ力の差を見せつけて圧勝。大阪朝鮮(大阪第2)は敗れ、惜しくも3回戦進出を逃した。(大野正智)

 大阪朝鮮は報徳学園(兵庫)に29―50で敗れた。

 1回戦を勝ち上がってきた大阪朝鮮は前半9分、CTB李承信(リスンシン)主将(3年)が密集からボールを受け取り先制トライ。だが相手の展開力に対応できず、前半だけで4連続トライを奪われた。李主将は「2試合目で試合の入りはよかったが、相手が1ランク上だった」。それでも後半22、26分に密集からボールをつなぎトライ。終了間際には持ち味のFWの突破力を生かしてモールで押し込み、トライを決めた。