和田蓮太郎選手開志国際が2度目の出場でつかんだインターハイの頂点は、和田蓮太郎のステップアップによるところが大きい。準決勝の明成戦で16点、6リバウンド、10アシスト。決勝の中部大…

続きを読む(外部サイトへ)