(24日、フィギュアスケート全日本選手権・男子3位)

 24歳の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)はジャンプに苦しんだ。冒頭の4回転サルコー―2回転トーループの連続ジャンプは成功したが、続く4回転サルコーが2回転に。その後もジャンプでミスがあった。SPでも4回転サルコーが決まらず、「練習ではできているが本番で弱い部分がある」と漏らしていた。それでもフリーは2位で、総合3位と順位を上げた。演技後、田中は「今季、全ての試合が不安だった。苦しかった4回転は決められた。ここからまた成長したい」と語った。