フィギュアスケートの全日本選手権は23日、女子フリーがあり、平昌五輪6位の18歳、坂本花織(シスメックス)が初優勝した。報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――平成最後の全日本女王。

 「ジャンプをちょっとずつこらえて下りたりとか、完璧じゃなかったんですけど、ファイナル以上に自信がつきました」

 ――どこが自信に。

 「コンテンツシート(ジャッジスコア)をみたら、下の点数(演技構成点)が初めて70点を超えていて。ブラッシュアップした成果がちゃんと出たのかなって。そこが大きく伸びたので、全体的に点数が上がった」

 ――演技構成点70点を超えた手応えはあるか。

 「今日はジャンプがよくなかった。演技構成点を上げるので必死でした。いままではジャッジ(審判)を見るの怖かったが、今日は『跳ぶから見てろよ』って感じで、がっつり目が合うくらい見てた」

 ――どうして。

 「振付師の先生から、『アピールして、力強くやったらプラスもつくし、もっと上を目指してやりなさい』と。その言葉が響いた」