(21日、フィギュアスケート全日本選手権・女子SP1位)

 全日本選手権5連覇を狙う宮原知子(関大)が首位に立った。冒頭の3回転ルッツ―3回転トーループなどすべてのジャンプを着氷し、スピンでも魅了した。回転不足、ととられないようジャンプを改良中。「精度は上がってきていると思う。あとは確実性を伸ばしたい」と語っていた。GPファイナルではジャンプのミスもあり、最下位の6位に終わったが、その流れを引きずらなかった。「いつもと変わらず、自分のできることをしっかりやることが最大の目標」と話していた通り、意地の滑りを見せた。