(21日、フィギュアスケート全日本選手権・女子SP2位)

 「75・65」。得点を待つキス・アンド・クライでその数字を確認すると、平昌(ピョンチャン)五輪6位の坂本花織(シスメックス)は「うわっ」と驚いた様子でのけぞった。「すごい、びっくりしました」

 冒頭の3回転―3回転の連続を含む全てのジャンプをきっちり着氷した。「この試合は失敗できない。今季は大崩れすることがあるから」と、考えながら跳んだという。「直前までブラッシュアップしてきた。その成果を見せられるようにノーミスでやりたい」。昨年はSPで堂々の首位。「去年は勢いだけでいったが、今年はしっかり一個一個考えてやりたい」と語っていた。23日のフリーもしっかり滑り、目指すは表彰台の頂点だ。