(21日、フィギュアスケート全日本選手権・女子SP18位)

 フィニッシュのポーズを解くと、本田真凜(JAL)はすぐに表情を曇らせた。「体が思うように動かなくて……。すごく残念」。冒頭の3回転フリップで転倒すると、続く2回転半ジャンプも着氷が乱れた。昨年の全日本選手権は、失意の7位。今回はリベンジの大会でもあったが、SP18位と出遅れた。フリーに向け「自分を信じて頑張りたい」とは言ったが、最後まで言葉に力はこもらなかった。