フィギュアスケートの全日本選手権が21日、来年3月の世界選手権(さいたま市)の代表最終選考会を兼ねて、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕した。女子ショートプログラム(SP)があり、平昌(ピョンチャン)五輪4位で大会5連覇をめざす宮原知子(さとこ)(関大)が76・76点で首位発進した。同五輪6位の坂本花織(シスメックス)が75・65点で2位、2017年世界選手権5位の三原舞依(シスメックス)が72・88点で3位につけた。昨季世界選手権銀メダルの樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)は72・63点で4位。グランプリ(GP)ファイナル初挑戦で優勝した16歳の紀平(きひら)梨花(関大ク)は68・75点で5位となった。

 アイスダンスのリズムダンス(RD)は小松原美里(倉敷ク)、ティム・コレト(米)組が52・21点で首位に立った。