フィギュアスケートの全日本選手権が21日、来年3月の世界選手権(さいたま市)の代表最終選考会を兼ねて、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕した。女子ショートプログラム(SP)は、平昌五輪4位で大会5連覇をめざす宮原知子(関大)が76・76点で首位に立った。最終29番滑走だった宮原は、冒頭の3回転ルッツ―3回転トーループなど全てのジャンプを着氷。スピン、ステップも最高のレベル4を並べた。グランプリ(GP)ファイナル初挑戦で優勝した紀平梨花(関大ク)は、冒頭のトリプルアクセル(3回転半)を失敗し、68・75点で5位と出遅れた。

 平昌五輪6位の坂本花織(シスメックス)は、75・65点で2位。冒頭の3回転フリップ―3回転トーループなど全てのジャンプを決め、演技後にほっとした表情を見せた。2017年世界選手権5位の三原舞依(シスメックス)が72・88点で3位。3回転ルッツ―3回転トーループなど全てのジャンプを着氷し、ガッツポーズを見せた。

 昨季世界選手権銀メダルの樋口新葉(東京・開智日本橋学園高)は72・63点で4位。3回転ルッツ―3回転トーループなど全てのジャンプを着氷し、アップテンポな曲にのせてステップでも魅了した。今季から米国に拠点を移した本田真凜(JAL)は52・75点で18位。冒頭の3回転ジャンプで転倒したのが響いた。