2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、聖火リレー検討委員会を開き、パラリンピックの聖火リレーについて、47都道府県で「採火式」を実施し、各知事に協力を求めることを決めた。各地で採火された聖火はその後、東京都内で一つにし、聖火リレーで都内を回る。

 パラリンピックの聖火はギリシャで採火する五輪と違い、開催都市が独自に採火場所を決められる。組織委によると、採火した火をトーチにともして聖火リレーとして走るのは開催都市の東京と競技会場がある埼玉、千葉、静岡の4都県。他の43道府県ではそれぞれで採火した聖火をランタンなどにともして、障害者スポーツセンターやパライベント会場などを巡ることを想定している。

 最終的には47都道府県と、パラリンピック発祥の英ストークマンデビルで採火した火を一つにする「集火式」を東京都内で行う予定だ。期間は五輪選手村が閉村した翌日の8月13日からパラリンピック開幕日の25日まで。

 また、検討委はパラリンピック聖火リレーのコンセプトを「Share Your Light――あなたは、きっと、誰かの光だ」に決めた。(榊原一生)