来年3月に埼玉である世界選手権の最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権が21日、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕する。20日は同会場で公式練習があり、女子のグランプリ(GP)ファイナルを初挑戦で制した紀平梨花(関大ク)が氷の感触をチェック。武器のトリプルアクセル(3回転半)ジャンプも入念に確認した。

 シニア1年目の紀平は今季、国際大会4連勝。女子では成功者が少ないトリプルアクセルの精度が高く、GPファイナルでは平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)も破った。この日の公式練習では、トリプルアクセルを14回跳んで6回着氷。氷の感触は悪くないようだが、履いているスケート靴の状態が少し気になる様子。テープを巻き直すなどして調整した。

 紀平は靴の柔らかさでジャンプの成否も変わってくるといい、「靴は本当にギリギリの状態。それがちょっと気になっていて、ジャンプもはまらないことも多い。テープをしっかり巻いて、自分の良い状態でしっかりはまるようなジャンプをまた(21日の)朝練で確認したい」。

 GPファイナルで優勝し、世間の注目度は増す一方。しかし、紀平は「特にテレビも新聞も私は見ないので、全然そういう風には、まだ感じていない。やることは変わらない」と意に介さない。宮原の全日本5連覇を阻止する最有力候補と目されるが、「とにかく最後の最後まで良い成績でいきたいと思っています」と語った。憧れの浅田真央も届かなかったシニア1年目での、GPファイナルと全日本選手権の「2冠」に挑戦する。(大西史恭)