フィギュアスケートの全日本選手権が21日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。男女の公式練習が20日あり、平昌(ピョンチャン)五輪女子4位の宮原知子(関大)や同6位の坂本花織(シスメックス)らが調整した。

 大会5連覇がかかる宮原は、今月、グランプリ(GP)シリーズ上位6人が競うGPファイナルで6位と悔しい結果に終わった。この日の練習では3回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプなどを確認した。「ジャンプの精度は上がってきている。自分のやるべきことをやって、それから順位がついてくると思う」と話した。