小・中学生時代の引きこもりを克服してプロボクサーになった23歳。初勝利をかけ、プロ5戦目に挑んだ。

 ウォズボクシングジム(京都市)の山田定幸は小学4年の頃から中学までほぼ不登校だった。漫画「はじめの一歩」の影響で中学卒業後にボクシングを始め、21歳でプロになった。が、デビューから4連敗。16日、大阪市のエル・シアターであった試合はスーパーバンタム級(約55・3キロ以下)で戦った。

 1回から距離を詰め、相手のボディーを狙った。身長161センチの山田は、自分より背の高い相手と戦うことが多い。「今までは単発だったのでコンビネーションを練習してきた」と言うように、左から右、さらに左と連打も出た。2回は開始からラッシュ。ペースを握ったように見えた。

 だが、長身の相手に左ジャブを当てられ、3回に入るとペースダウンした。最終4回は気力のぶつかり合い。相手のボディーは赤くなっていたが、大振りの右はことごとく外された。判定は1人が同点、2人が2点差で相手を支持。小差の判定で敗れ、念願の初勝利に届かなかった。

 判定を聞くと山田も落胆を隠せなかった。「山田自身は試合ごとに良くなっているんやけど。今回は勝ったと思ったんやけどな……」とジムの大森昌治会長(57)。ここ3試合は小差の判定負け。ボディーを当てても、相手のジャブをもらうことでポイントを失っている。器用なタイプではなく、スタイルは簡単に変えられない。長丁場ならボディーを攻めて相手を根負けさせることもできそうだが、まだ未勝利の山田は4回戦(4ラウンド制)の選手だ。相手を捕まえきれない試合が続いている。

 客席には、京都市立上京中3年時の担任だった野川晋司さん(52)がいた。卒業後、ボクシングを始めたいという山田から相談を受け、ジム探しを手助けした恩師だ。ここまでの全5試合、会場で祈るように見つめてきた。

 「いい試合をしてもポイントでは負けてしまう。勝負の世界は厳しいですね。定幸がやめると言うまで、応援に来ます」。プロの壁の前でもがく教え子を思いやり、言葉をつないだ。(伊藤雅哉)