第71回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)に男子の宮崎県代表として出場する都城工の選手らが13日、池田宜永・都城市長に出場報告をした。

 市役所を訪れたのは、工藤大輝主将ら選手4人と、戸髙慶三校長、金丸真也監督、熊瀬川健コーチ。

 都城工は11月の県大会決勝で日向学院を破り、3年連続35回目の出場を決めた。