世界的なスキーリゾートのニセコ地区の魅力向上と観光振興を目的とした宿泊税条例が13日、北海道倶知安町議会で全会一致で可決、成立した。2019年11月から食事などを除いた宿泊料金に2%を課税する。年2億5千万~3億円と見込む税収をどう使うか、使い道の透明性の確保など、課題も多い。(佐久間泰雄)

 「宿泊税を納めた人に納得いただける、観光の質を向上させるための施策に使いたい。宿泊税の使い道についても公表したい」。条例成立後、取材に応じた倶知安町の西江栄二町長はこう力を込めた。

 倶知安町の昨年度の宿泊客延べ数は127万人。うち43万人は外国人が占め、前年より2割増えた。町は、増え続ける観光客に対応するまちづくりとして、インフラ整備や道路の維持管理費用をどのようにひねり出すか頭を悩ませてきた。