2020年東京五輪まで600日となった2日、東京都千代田区の「有楽町インフォス」に大会マスコットのミライトワとソメイティが登場し、子どもたちを喜ばせた。

 ミライトワとソメイティのTシャツを毎日交互に着るほど好きだという埼玉県戸田市の堀隼輔君(3)は、マスコットに挟まれて記念撮影し「かっこいい」と興奮。祖母と買い物に来ていた新潟市の勝井和奏(わかな)さん(6)は「2020年には大会を見に来たい」と話した。

 会場では、11日まで五輪とパラリンピックの競技を紹介したパネルの展示や、都市ボランティアの応募受け付けが行われる。(斉藤寛子)