フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦フランス杯は23日(日本時間24日未明)、フランス・グルノーブルで女子ショートプログラム(SP)があり、第4戦NHK杯4位の三原舞依(シスメックス)が67・95点で首位発進した。シニア1年目でNHK杯優勝の紀平梨花(関大ク)は67・64点で2位、第1戦スケートアメリカ8位の本田真凜(JAL)は65・37点で4位。平昌五輪銀メダルで第2戦スケートカナダ3位だったエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は67・55点で3位につけた。

 女子フリーは24日(日本時間25日未明)にあり、シリーズ上位6人が出場する12月のGPファイナル(カナダ・バンクーバー)に進出する選手が決まる。