トップリーグのNTTコムは22日、7月に暴行事件を起こした2015年W杯日本代表のアマナキ・レレイ・マフィの謝罪コメントを公式サイトに掲載した上で、24日のトップリーグカップ(対サントリー)から公式戦に復帰させると発表した。マフィはスーパーラグビーの豪州・レベルズの同僚に暴行し、逮捕された。刑事手続きは継続中だが、本人の態度などを見て復帰の判断をしたという。