マラソン日本記録保持者の大迫傑に独占インタビューを敢行。4回に分けてお送りする。

「常に背伸びをしないと戦えないチームを選んできた」

2020年の東京五輪での金メダル獲得に向け、走り続けるプロランナーの大迫傑。現在アメリカに拠点を置き、練習に励んでいるが、なぜ大迫はアメリカを選んだのか?さらに大迫の所属する「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」とはどんな集団なのか?大迫の挑戦のウラには「背伸び」というキーワードがあった。

大迫傑(おおさこ・すぐる)早稲田大学在学中に出場した箱根駅伝では2回の区間賞を獲得。2015年4月にはアジア人初となるナイキ・オレゴン・プロジェクトに加入。2016年にはリオ五輪5000m・10000mに出場。2017年には初マラソンとなるボストンマラソンに出場するといきなり3位でゴールし、同大会日本男子30年ぶりの表彰台を決めた。そして2018年シカゴマラソン に出場すると、2時間5分50秒の日本新記録で3位。日本期待の長距離ランナー。

アプリのダウンロードはこちら